[フィナンシェ] Juicy Butter Bomb

¥1,080

名古屋のフィナンシェ専門店『フィナンシェリーアッシュ』とコラボ

商品カテゴリー: ,

説明

※こちらは非加熱の生ソーセージです。加熱してお召し上がりください

※1pack1本入りでのご提供です。

商品規格 115g(1pack 1本入り)
商品原材料 猪肉(広島県産)、生クリーム、林檎、卵白、豚脂(広島県産)、アーモンド、玉葱、バター、三温糖、塩、大蒜、香辛料、海藻粉末、牛乳(一部に卵、乳成分、大豆を含む)
栄養成分表示
(1pack 115g中)
エネルギー325Kcal/たんぱく質10.6g/脂質28.5g/炭水化物6.9g/食塩相当1.1g/ナトリウム0.4g/水分63.5g/灰分1.5g(この表示値は目安です)
  • フィナンシェ専門店と異色のコラボ

    名古屋市瑞穂区にあるフィナンシェ専門店「フィナンシェリーアッシュ」さんとのコラボ。

    2019年に行ったドットコミュのクラウドファンディングで決定したこちらの企画。

     

  • フィナンシェリーアッシュの加藤さん

    クラファン後、2019年8月にお店を初訪問し、打合せ。

    フィナンシェとソーセージ…?まあでも作ってみればそのうちなんか思いつくでしょ。

    このあと1年3ヶ月に渡る長い戦いになるとは思いもしなかった。笑

    フィナンシェ生地でソーセージ包んでみたり、肉の中にフィナンシェそのものを入れてみたり。
    「もうフィナンシェとソーセージコラボさせるの無理です。。」何度かギブアップのメッセージを加藤さんに送ってみたり。笑

  • 林檎とナッツを使い

    急展開を見せたのはちょうど1年が経とうとしていた頃。

    卵白と生クリームで滑らかに仕上げた猪肉ベースの生地に、ナッツとキャラメリゼしたリンゴを使い。
    使う素材でフィナンシェを表現しようと。

     

  • ぷりぷり滑らかなソーセージに具材がごろごろ。いとお菓子。

    ソーセージは存在感ある太いの1本。

    さらにここからもうひと工夫。

  • 最後の火入れでバター溢れる

    今回はソーセージとともに固形のバターも一緒にパック。

    湯煎したときに溶け出して、バターがソーセージを包むようにじっくり火入れ。

  • 溶け出したバターを使い、最後はしっかり焼き

    湯煎したあとは袋を開け、熱したフライパンでしっかり焼き。

    溶け出したバターを使うので油は不要。ここでの焦がしバターもフィナンシェポイント。

  • ザクロのようにパックリ割れれば完成

    ドットコミュのソーセージは基本的に9割9部ボイルで火を入れ、最後の焼きはほんのちょっとで表面だけ、をオススメしてますが

    Juicy Butter Bombに関してはしっかり焼き。

    うまく焼けるとソーセージがザクロ状にパックリと割れてくる。そこです。そこが食べごろです。