[ホットチリ味] レッド・ホット・チリ・シオヤー

¥1,080

Dr. 塩谷監修による、焼くとスパイシーなカメリナオイルがジュワッと広がるジャンキーな味付け

商品カテゴリー:

説明

※こちらは非加熱の生ソーセージです。加熱してお召し上がりください

商品規格 160g(1pack 3本入り)
商品原材料 鹿肉(広島県産)、豚脂(広島県産)、カメリナオイル、香辛料、塩、赤ワインビネガー、(一部に豚肉を含む)
栄養成分表示
(1pack 160g中)
エネルギー 669kcal/たんぱく質 22.7g/脂質61.0g/炭水化物 0.2g/食塩相当量2.6g (この表示値は目安です)
保存方法 -18℃以下で保存
  • 良質な必須脂肪酸を豊富に含むカメリナオイルを使用

    カイエンペッパーをカメリナオイルに溶かし、他のスパイスとともにその油を鹿肉に練り込みながらの生地作り。

    “人間の体にとって良質な脂質を摂ることがいかに重要か”はそれ専門分野の説明に任せるとして、今回使っているカメリナオイルには必須脂肪酸であるオメガ3・6・9のバランスが良く含まれ、かつ基本的には熱に弱いとされるオメガ3なのですが、このカメリナオイルには加熱しても壊れにくいオメガ3が豊富に含まれているのです。

     

    もはや例えるなら”日光を克服したディオ・ブランドー状態”、いや
    2020年代らしく現代風に例えるなら”日光を克服した鬼舞辻無惨状態”ともいえるでしょう

     

  • Dr. シオヤ監修による

    先述のカメリナオイルの提案もいただき、今回のソーセージはこちらのDr. シオヤ監修による。

    画像から溢れる凄腕感。
    絶対に失敗しなさそう。例え失敗しても眉一つ動かさずにそのまま縫合しちゃいそう。あくまでイメージですけど。そのくらいの凄腕感。

    ソーセージの名前
    「レッド・ホット・チリ・シオヤー」
    ここまで言えば名前の由来は言わずもがなですかね。笑

     

    Dr. シオヤーには医療の範疇を飛び越え、世の中にサウナーを広げるという一面も。

     

  • 焼くとスパイシーなオイルがジュワッと。

    焼き方はボイルでなく、解凍後の弱火~とろ火でじっくりを推奨。

    表面6分、裏返して6分が目安。(焼いている過程で腸が破れて中身が出てくる場合があります。)

     

  • おススメの食べ方は半熟卵を絡めて

    おススメの食べ方はソーセージから滲み出る赤い油と半熟卵を絡めて焼きあげる。
    (1パック3本のソーセージに対して卵1つが目安)

     

    「素材にこだわって丁寧に作ったジャンクフード」というテーマでピッタリかと。

     

  • 火入れ動画はコチラ