Loading...

さよなら のむら家Flower Work   母の日注文待ってます

2018/5/4 野村俊介
投稿者:

GWは山に籠もる。。

ノム兄です。


さて、お知らせがあります。

 

のむら家Flower Work
閉店と解散のお知らせ。

いつものむら家FlowerWorkをご利用いただき誠にありがとうございます。

この度、平成30年6月30日をもちまして
のむらFlowerWorkは閉店・解散させていただく運びとなりました。

突然のご報告となり、ご不便、ご迷惑をお掛けいたしますことをお詫び申し上げます。

これまで長い間、皆様に支えられここまで営業できましたことを心より感謝申し上げます。

また、閉店・解散後は7月より弟の野村祐喜が新たなお店を立ち上げますので、
引き続きこれまでと変わらぬ御支援御鞭撻を賜りますよう、お願い申し上げます。

また詳細が決まり次第、改めてご案内させていただきますので、よろしくお願いいたします。

 

 

フラワーデザイナーの先生に弟子入りし、3年で講師になり、花屋経験0で
12年前に一人で始めたのむら家Flower Work。

 


(普通、初心者は初心者コースだけ。野村さんは初心者、中級者、上級者、
ヨーロピアン、資格、ブーケ…先生のコース全部受けてた。いつも無茶怒られてた。
そして月謝15万…笑 バイト代全部突っ込んでた。それくらい人生かけてやってた)

 

単純に男が花挿せたら、花束ねれたらかっこええやんって。

人と同じ事するのがとにかく嫌いで。

 

 

はじめたやり方は当時ほとんどなかった
オーダーメイドの花屋。

 

 

花を売ったことがない、市場に行ったこともない自分をどうやって売り出すかばかり考えてた。

 

 

作るものと選ぶものには絶対の自信があったから。

 

 

プロ格闘家になったときに立ち上げたから、格闘家が作る花屋で面白がってもらう。

花屋業界では格闘技してるの〜?って。
格闘技業界からは花屋してるの〜?って。

 

 

自分をレアカード化してた。笑
(ヘラクライストくらい)

 

 

花×○○
花×格闘家、花×狩猟、花×楽器。。
花を売るだけの時代じゃない今、花の新たな可能性を引き出すためにいろいろ。

 

 

6年たったときに弟が入り今の
のむら家Flower Work体制に。

そこからは皆さんご存知の、のむら家です。

 

 

のむら家のファンですって人たちの声から
すこぶるエネルギーいただいてました。

ほんとに金銭的なものよりそれが一番だった。

 

 

人生にはリズムがあるっと思ってて。
浮き沈みを受け止めながらサスティナブルに進まないと。(気持ちはいつも浮いてるとおもってる)

今が浮いてるのか沈んでるのかはわからないけど、失うことで得るもの、やめることではじまるものがあるから。

 

 

とりあえずのむら家Flower Workって
屋号にスペシャルサンクスで。

 

 

死ぬわけじゃないしね。
150歳まで生きるし。

 

 

あと2ヶ月のむら家をよろしくお願いします!

あ、来月の母の日はのむら家最後の母の日です。

のむら家最後の母の日です…

のむら家…笑

お待ちしてます!!