あしたのために。作るべし。

2017/10/13 .comm
投稿者:


先日の酒まつりの会場、

イノシシフランクを食べた、
アルゼンチン出身のナイスガイな男性


「母国で食べていたソーセージの味がする」
と感激。







gracias amigo.













母国アルゼンチンの味。。




もちろん行ったことないっす 笑






鹿さん(中山)です









ようやくイベント続きも一旦落ち着いたので
いよいよ改めてソーセージ作り。



ってやること変わらんやん。笑








ブラックペッパーとイタパセをきかせた
「まずはコレ!」
とも言うべきスタンダードなソーセージ、
鹿のサルシッチャ。


22281830_794203140757838_7534768351487241723_n

スパイスで一晩マリネして、ハーブは直前に。












そして
トマトペースト、パプリカパウダー、カイエンペッパー。

3種の赤を使った、
そのものズバリ赤い鹿肉ソーセージ、
「燃える闘魂 アントニオ チョリソ」


22489892_795368587307960_849173927420892974_n




先日の酒まつでも、
猪フランク「スパイシートマト味」として販売していたのは
ほぼこれと同じ味付けです。





「アレはお店で販売しないのか?」
よく聞かれますが、現在はイベント販売のみ。




予定はしてますが
“猪フランクシリーズ”販売はおいおいと。











その際、この味のフランク
ネーミングは必然的に
「燃える闘魂 アントニオ イノシシ」
になると思いますが。笑










「鹿のサルシッチャ」
「燃える闘魂アントニオ・チョリソ」

どちらも欠品が続いていましたが追加してます



BASE販売ページはコチラ
https://comm.thebase.in/



観音ラボでも、ネット販売でもどちらからでも(^^)












そして既存のソーセージも作りつつ、

温めていた新作ソーセージを
この2週間で出来るだけアップしていこうかと。













まずは三原のスーパースターファーマー、
梶谷農園の100年物ローズマリーを使ったコラボソーセージから。







梶谷さんとの出会いは過去記事参照!
(だいぶ間が空いてしまったので汗)










ちなみに

「なぜゆえ梶谷さんがスーパースターなのか」
というのはコチラを。





キャプチャ

最初のお客さんは、パリの三つ星レストランでした。
第10回「梶谷農園」・梶谷ユズル氏(後編)






ハーブに関わらず、野菜、肉、…ひいては
全ての生産者、ものづくりに携わる方に参考になる話だと思います。


必読ですよ!














そして今週いよいよ届いてきました、
梶谷農園100年物ローズマリー。


さあいよいよ届いてまいりました、 梶谷農園100年物ローズマリー。 . 向かい合って 一口ずつむしゃむしゃしながら考える、 . 色々組合せ考えてはいたけど 一旦全部忘れることにして。笑 . ここにきて フレッシュじゃなくドライにしてみてもいいかも。と🤔 . コリアンダー、陳皮、ドライローズマリー。 あとホワイトペッパーかピンクペッパー。 … . よし。とにかく 美味いが正義。笑 . さあ 作るべし、作るべし。 . #梶谷農園 #ローズマリー #ハーブ #スパイス #ジビエ #ソーセージ #鹿肉ソーセージ #梶谷農園100年物ローズマリー #ソーセージクリエイター #ドットコミュ #rosemary #herb #herbs #spice #gibier #sausage #creator

Hiroaki_Nakayamaさん(@dotcomm_shikasan)がシェアした投稿 –









色々考えてはいたんですが
一旦全部忘れることにして。笑








ここにきて
フレッシュじゃなくドライがいいかも。と







コリアンダー、陳皮、ドライローズマリー。
あとホワイトペッパーかピンクペッパー。








どうでしょう。











まあ、とにかく
美味いが正義。笑









作るべし、作るべし。

















内角をえぐるように打つべし。









tomorrow-for-danpei




丹下のおっちゃんっ!!





って関係ないか。笑
















ソーセージお楽しみに。










.comm ジビエ肉 デリカ
販売ページはコチラ