2016/6/23 .comm
投稿者:

追い込まない、歯磨きだから。トレーニングなんて。
野村です。

 

お久しぶりです。旬な男、野村旬介です。 俊介


日本に住んでると四季があるから旬のものってどうしても意識するよね。
意識してない人なんてアイタタタなわけで。
まぁ日本以外に住んだことないから他国の旬なんてなんとも言えないけど。


僕らが扱ってるジビエもそう。みんな猟期が11月から2月だから冬が旬と思ってるけど
(イノシシは冬、特にどんぐりなどが落ちてる猟期はじめ)
シカは夏が旬。鹿の餌となる木々の若芽を食べるから。


「旬を楽しむ… 旬な男…」


まぁなんでこんなに旬旬と旬介は喋っておるかというと。
ブログにイベント、出来事、書きたいことがあったとき、
そう思ったとき、起きたときに書かないと全然美味しくないんだよね。
まさに旬を逃したというか。


その旬を逃した出来事。
そう、全国のアスリート、格闘家、筋トレ好き、自称マッチョの話題をさらいまくったイベント。


筋肉の饗宴


筋肉の饗宴とは



このイベントの回顧録を。
写真で。笑

まずは大阪のアイドル、プロ格闘家でありスムージーの伝道師、別府セブン到着。
久しぶりの再会にこのポーズ。






早速筋肉の饗宴前のパンプUP。






どうやら綱登りは苦手だったみたいなのでこちらで。






気合い入ってます。







この仕上がりよう。裸にエプロンで食前酒としてセブンスムージーを振る舞う。







緊張の1杯目。この模様はセブンも書いてくれてます。

筋肉の饗宴その1。

筋肉の饗宴その2





ノッてきたセブン。













女性たちもご満悦。







絵になるね。女性とスムージー。







絵になるね。マッチョ。







UP







藤村隊長。









グアムで試合終わったばっかりのヘビー級大番も到着。







喫茶さえきのマスターも。マッチョじゃないけどジビエ好き枠で。







いよいよのところまで仕上がった鹿君(シカの燻製のこと)







イノシシの串打ち。






 
テキ屋ばりの雰囲気も出せるようになった鹿山さん。






壁ドーンじゃなく鹿丼






壁ドーンじゃなく鹿丼







野村さんおかえりでーす。





なんでしょう。こんなに楽しかったのに、
振り返る時間が長くなる(ブログに書く時間が)と旬を逃した感満載なのは。笑



まぁなんにせよジビエを通したエンタメコミュニケーション。



最初に立派な理念があってはじめたわけではなく自分の欲(楽しい、面白いこと)を夢中でやってたらあとから理念なんてついてくるはずで。その好きなこと面白いことは自分の直感や感覚に任せて。社会や人のためにやってるんではなく結果そうなってればいいよね。



人が集まるところには美味しいジビエを。


美味しいジビエがあるところには人が集まる。





女子大生が夜キャバクラでバイトしてる


っていうと不真面目そうだけど



キャバクラ嬢が昼間大学に通ってる



っていうといい話っぽく聞こえる。




物事は伝える順番だけでこうも違う。




人が集まるところには美味しいジビエを。



美味しいジビエがあるところには人が集まる。




うん、伝える順番を変えてもぶれないジビエ。笑




この6月から色々な企画、コラボ、その他もろもろ立ち上がっておるんです。ちょーぜつ楽しいことばかり。早く言いたい。。




まずは直近、6月26日フレンチレストランタイラにて今が旬の鹿の食べ比べ。三田のコートドールなどに卸してる方たちの鹿対.commの鹿。やれんのか。。俺達の鹿。マイアミの奇跡は起こるのか。残念ながらもう席は埋まったみたいですが。




そして7月はイベント隔週埋め込まれております。AIか。


旬な舛添さんの後任はAIでええでしょ。過去は潔白だから突っ込まれないし24時間働けるし。笑


まっ、えっか。




.commは(子供のような大人が)ジビエ肉を扱ったファンタスティックなエンタメ集団です。





それでは









仕入れ卸売はこちら